shutterstock_1918495190.jpg

ABOUT US

MESSAGE

お客様の不満をなくし

式場・撮影会社様の負担をなくす

株式会社バリューブリッジは、2013年10月に設立後、アルバム制作クラウドツール「PhotoBridge®」のサービスをスタートさせました。

2021年12月時点でPhotoBridge®は、全国500以上の式場・スタジオ店舗に

導入され、現在まで累計32万組以上のお客様にご利用いただいており、

年々シェアを広げるアルバム制作のクラウドツールとして認知され始めました。

PhotoBridge®の成長にみる

「新しいアルバム制作」の形

PhotoBridge®ご契約者様には、業務に追われ、お客様のアルバムへの不満に

耳を傾けられずにいた結婚式場様やフォトグラファーがたくさんおられます。

これは、従来の煩雑なやり取りの発生するアナログな方法ではなく、

新しいアルバム制作の在り方に需要が高まってきていることを意味します。

VB MISSION

わたしたちの使命

私たちの目的は、価値ある情報・

サービス・ネットワーク・

システムの提供を通じて、
お客様の心豊かな暮らしの実現に

貢献することにあります。

VB VISION

わたしたちの夢

世界中のブライダルシーンに

サービスを提供する企業を目指します。

結婚から始まる新しい家族の人生を

ずっと応援し続ける

企業を目指します。

VB VALUE

わたしたちのあり方

損得ではなく、善悪、

人間として何が正しいかで判断します。

働く仲間の

物心両面の幸福を追求します。

この三原則を軸に、商品をご購入のお客様、式場様や撮影会社様にとって

一番幸せな相互関係を築きあげるべく、これからもよりよいサービスの開発に

挑戦していきます。

​株式会社 バリューブリッジ

 
 
 
AdobeStock_175506535.jpeg

HISTORY

“一生大切にするアルバムに

どんな小さな後悔も

残して欲しくない”

そんな想いから

バリューブリッジは生まれました

筆記体テキスト .png

多くのお客様が、アルバムにセレクトされた写真に不満を持っています。お客様ご自身で好きな写真を選べない上、レイアウトのチェックもできなかったからです。一生もののアルバムだからこそ、納得行くものを作って欲しい。そんな想いから「写真で人を幸せにする会社」を目標に掲げ、バリューブリッジが誕生しました。

人間として何が正しいか

判断する

わたしたちのサービスの基準は、「人間として何が正しいか」で判断されます。自らの利益の増減に基準は存在しません。社員全員が同じ理念を持って、開発に臨んでいます。
PhotoBridge®以降も進捗管理ツールPhotoBridge Managerほか、PhotoGift®、Pro Photo.Onlineといったクラウドツールを開発してきました。そのどの誕生にも、写真で人を幸せにすることを目的とし、お客様の幸福こそが我々の存在意義であるという想いが込められています。運営における判断基準は「人間として何が正しいか」にあるのです。

AdobeStock_168218549.png
AdobeStock_386570044.jpg

専門やスキルは違っても

同じベクトルを持つメンバー

バリューブリッジには、営業やシステムエンジニア、カスタマーサービス、レイアウター、デザイナーなど、様々な能力を持つスタッフが揃っています。
2020年以降バリューブリッジは、完全リモート性に切り替えました。 同じ場所でなくとも、必要なスキルを持った社員同士協働し、更によいサービスを創り上げるべく、切磋琢磨しています。

バリューブリッジの沿革

2013.10
2015.1
2018.11
2019
2020
2021
2020.3
2021.9
株式会社バリューブリッジ設立

PhotoBridge® リリース


フォトブリッジ累計利用者組数 - 10万組突破
 

製本会社様向けサービス ForMaker リリース

Pro Photo.Online リリース

 

for THE PARENT リリース

アルバムマーケット リリース

 

検品装置、検品方法及びプログラム 特許取得

ISO27001 / 情報セキュリティ管理システム(ISMS)の国際規格 認証取得

フォトブリッジ累計利用者組数 - 20万突破

入稿データ再編集装置、方法及びプログラム 

特許取得

 

フォトブリッジ累計利用者組数 - 30万突破

PhotoBridge®や検品装置、入稿データ再編集装置で特許を取得しています。
 

今後の展開

バリューブリッジは、世界中のブライダルシーンにサービスを提供するべく、成長し続けています。 サービススタートから蓄積してきたデータと智見で、他国の方々にも受け入れられるシステムの開発とサービスの定着を目指しています。

slide-bg-03.jpg