IMG_3024-re.jpg

代表取締役 副社長

TOMOKI

​OKAMOTO

岡本 朋樹

結婚式のアルバムに

「どんな小さな不満も、後悔をも残させたくない」

大学卒業後、大手ブライダル会社に就職。27歳でオーストラリアに赴任した際、メルボルンのアルバムメーカーと取引する機会に恵まれ、アルバム作りのノウハウを学びました。日本本社帰任後、アルバム内製工場設立の提案が会社に認められ、当時ドレス内製工場のあった中国上海に工場を設立することに。2004年上海に出向。同社のアルバム製造事業トップとして工場運営に携わっていました。その後、二十年お世話になった同社を退社し2013年株式会社バリューブリッジを創業しました。

IMG_3038-re.jpg

アルバム制作における多方面からの不満が

創業のきっかけに

結婚式のアルバムを購入されたカップルには、アルバムが届くまでの間に、掲載希望写真のヒアリングや、レイアウト原稿を事前にチェックするような機会がなく、届けられたアルバムに少なからずご不満を持たれるケースが割と多くありました。一方、きちんとカップルへの確認を行っている式場や撮影会社もありましたが、その確認作業にかかる手間は大変なものでした。そこで、アルバムの校正確認ツールを提供すれば、カップルかフォトグラファーか、少なくとも一方には喜んでもらえると思い、このサービスを作ることにしました。システム開発には多額の投資が必要で、スタート時には苦労しましたが、パートナーや周囲のご支援、社員の協力によって事業を軌道にのせることができました。

かけがえのない1冊だからこそ

後悔は残してほしくない

父が亡くなってしばらくの間、母はよく昔の写真を眺めては思い出にふけていました。心の拠り所でした。特に何十年も前に撮影された結婚式の写真は大切な思い出です。
私たちがつくる結婚式のアルバムは、すべてのお客様にとって生涯の宝物になります。だからこそ結婚式のアルバムに「どんな小さな不満も、後悔をも残させたくない。」この思いは創業のころから何ら変わりません。

IMG_3026-re.jpg

デジタルの定着で考えさせられる

現代のアルバムの在り方

2021年リリースした新サービス「THE ROOM」は、アルバム用にお作りしたレイアウトデータを活用し、テレビやPC、タブレットなどで電子アルバムとして楽しんでいただけるサービスです。あたかもサイバースペースに自分の部屋があって、その部屋の本棚にアルバムが収められているイメージなんですが、これからこの部屋にどんどん電子アルバムを増やしていっていただけるサービスを実現したいです。
子供が生まれれば、子供部屋を作り、お子様の成長過程のアルバムを増やしていける。

そのように、結婚から始まる新しい家族の人生をずっと応援し続ける企業、サービスを目指しています。

世界中で受け入れられる

サービスを目指して

今後の展望としては、PhotoBridge®︎を世界中のフォトグラファー・カップルに利用され、喜ばれるサービスにしていきたいです。そのプロモーションや商談のために、バリューブリッジの仲間たちと一緒に世界中を飛び回ること、これが夢であり目標です。

アメリカだけでも1年間に200万組のカップルが誕生し、世界にはまだまだたくさんのマーケットが存在します。写真で世界中の人を幸せにしていきたいです。

IMG_6910.JPG

PhotoNext2021 バリューブリッジ展示ブースにて

社員には、ステップを踏んで

成長を感じてもらえる機会を提供したい

「仕事が楽しければ人生は楽園だ。仕事が辛ければ人生は地獄だ。」

社会人になって初めてもらった給与明細に書かれていた言葉です。
仕事を楽しいと感じるかどうかは、待遇や環境など人から与えられるものも大事ですが、自分自身による受け取り方も大事です。私自身の経験からも「楽しめる仕事」というのは、事業が成長する過程に関われて、その過程で自分が必要とされ役割を果たせた時にあったと思います。

 

だからこそバリューブリッジは、これからも事業成長を目指し、社員にこうしたステップを感じてもらえる機会を提供し続けていきたいと思います。「働く仲間の物心両面の幸福」は、会社のみが与えるものではなく、みんなで掴み取るもの、そして自身で感じ取るものであると思います。

岡本 朋樹

大学卒業後、新卒でブライダル業界に。2013年に株式会社バリューブリッジを創業。

座右の銘は、「不易流行」と「適者生存」。強者ではなく変化できた適者だけが生き残る。変えてはならないものとしてフィロソフィーを大切にしながら、これからもバリューブリッジは、常に変わり続けて行きたいと思います。